音楽指導(和太鼓) (NPO法人アゴラ音楽クラブ - Agora Music Club)

音楽指導(和太鼓)

指導の目標

  • 他者との協調性向上、身体機能の改善、集団力動(集団で活動することにより生まれてくる相互作用による、個人の活動では見られない心身能力の発揮)

指導の理念

  • 和太鼓の奏法というのはくりぬいた木(そうでないものもありますが)に張った牛皮の面を木のバチでたたくというシンプルなもので,複雑な楽器の操作や手指の巧緻性を必要としないため、障がいを持つ子どもたちが取り組むには非常に好都合な楽器です.
  • そして、演奏に伴う掛け声、大きな動作によって自然に身体機能の向上を促し、同時に他のメンバーとの協調、コミュニケーション能力も養います。

担当講師

  • 水野恵理子・水﨑一充

指導方法(レッスン例)

  • No 指導項目 時間 内容 期待される学習効果

    1

      準備体操  5分

    肩、腕、手首、脚のストレッチを行います

    太鼓演奏での事故を防ぐため筋肉をほぐします

    2   基本リズム打ち  15~20分

    ・基本的なリズムを全員で数パターン打ちます

    ・一つのリズムパターンが全員で揃って打てるまで練習します

    他メンバーの音を聞きながら合わせて打つ態勢を整えます
    3   課題演目の練習 90分(10分程度の休憩を含む) 

    課題の演目を口唱和(トントコトコ…等)や膝打ちでリズムをとる

    →パートごとに短く区切ってリズムを覚える

    →全パートで合わせる、という段取りで仕上げていく。
    (1曲仕上げるのは3~4ヶ月をめどにしています)

    ・和太鼓の演奏能力の向上

    ・腕の上げ下ろし、腹筋運動、身体バランスなど身体運動機能の向上

    ・他者との協調性、コミュニケーション能力を養う



レッスンの様子

IMG_0020.JPG IMG_0019.JPG

IMG_4315.JPG IMG_4317.JPG

IMG_0807.JPG IMG_0349.JPG