Heidelberg大学訪問(前書き) (NPO法人アゴラ音楽クラブ - Agora Music Club)

Heidelberg大学訪問 (2004年)

htop.jpg

前書き

今回のドイツ訪問の一番の目的は、ハイデルベルク大学の教育学部の中の“音楽療法学科”というべきでしょうか、「ビクター研究所」という施設を訪ねることでした。「ビクター研究所」については、以前から日本の音楽療法関係の本で見て存在は知っていたものの、2001年のドイツ訪問時は寄ることができず、心残りだったのです。インターネットで調べると障がい児音楽療法に関してずい分いろいろな取り組みをされていて、特に打楽器を使った療法に力を入れておられます。
で、早速に打楽器のアンサンブルも主宰しておられるKeemss氏とコンタクトを取り、音楽療法の主任のBuchhaupt氏を紹介して頂きました。アゴラ音楽クラブの活動について紹介し、是非情報交換を、というとご親切にも所長さんをはじめ3人の教授たちが時間を割いて下さるとのこと。そんなわけで今回はぜひともハイデルベルクを中心に、と考えていました。
おまけにハイデルベルクはその昔、ほんの1ヶ月余りではありますが、大学が夏休みに開くドイツ語夏期講習に参加した懐かしの町でもあるので。

もくじ

1. ハイデルベルク大学「Viktor Institut」訪問
2. 音楽療法担当Buchhaupt氏―音楽療法セッションの実際
3. 主任教授Selle氏の話―ドイツの音楽療法事情
4. アルト・ハイデルベルク

milk_btn_pagetop.png

milk_btn_prev.png

|1|2|3|4|5|

milk_btn_next.png